スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にたわいもない話

おはようございます。
昨日は、回復してきたのがうれしくて、はりきって久々に床拭きなんかをしてしまい、午後からぐったりでした でも白さの復活した床を見ると、本当にすっきりとして「もしこれで明日からまたつわりで寝込んでも後悔はないな。」と思えました。

掃除の跡 ←気持ちよく天日干し おトイレの掃除ブラシもきれいに洗って紫外線殺菌中。

つわり中、そして妊娠中の全期間を通して、できるだけ有害な化学物質との接触は避けたいのもです。ということで今日は、洗剤について私の気に入っているものの紹介です。

                       洗剤たち

これはビオ・リーヴスというシリーズの洗剤で、右側が食器洗い用、左側はそれ以外、家のお掃除全般用です。我が家ではお風呂・トイレ掃除もこの洗剤です。全成分が有機栽培の植物原料から抽出されていて、この上なく安全です。500mlで1890円と聞くと高価なように感じますが、目茶苦茶希釈して使用するので、よっぽどの掃除マニアでない限り、一本で一年近くもつと思います(家用の場合。あくまでも掃除嫌いの私の印象ですが・・・)。
そして何より恐れ入るのが、その洗浄力です。普通の合成洗剤(○ジック○ンとか・・・)と比較しても格段によく汚れが落ちます。ソファでも、床のタイルでも、ガラスでも。
更にうれしいことに、掃除中ハーブのいい香りが家の中にほのかに漂いますふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

私は、子どもが生まれたら(って気が早いにもホドがありますが・・・)、食事の準備や家の掃除・手入れなど、できるだけ子どもにも手伝わせたいです。男であろうと女であろうと。家族の一員である限り、家族としての責任は子どもの能力に応じて負わせたいと思いますし、やっぱり人間、どんな状況でもサバイバルしていけるようじゃなきゃ、一人前とはいえないと思います(これは自分が一人前ではないということを認めたうえで)。その基本的な訓練として、という意味も込めて。
・・・と、めっちゃエラソーなことを書いていますが、結局言いたいことはですね、「この洗剤なら、地球環境に優しいだけでなく、子どもの手肌にも優しく、むしろ手あれを改善する効果さえあるくらいだから、安心して子どもにもお掃除を手伝わせられますよ」という、体の良い言い訳(?)です

本当に、たわいもない話を長々とすみません・・・。ビオ・リーヴスについての詳しいことはコチラで。


スポンサーサイト

復活の兆し・・・

めちゃめちゃ久々の更新です
そうです、やっと復活の予感です。
・・・とはいえ、これまでも「よっしゃ!復活」と思わせられながら再び地獄の日々へ・・・という悲劇を味わってきたので、油断はしていません!というか、正直なところ、不安です。怖いです。
もう戻りたくはない、おとといまでの私に・・・   神様お願い!

思えば最終更新日の6月24日。あの日から始まったのでした。地獄のつわり生活・・・。本気で「私このまま死ぬかも・・・」って、毎日思っていました。おなかの赤ちゃんのことより、自分の命の危険性ばかり感じていました。「人間、こんなに食べなくても生きているものなんだなぁ・・・」と、感心もしました。でもきっと、妊婦だから、生命に危険性が及ばずに済んだのだと思います。おなかの赤ちゃんが、私を守ってくれていた、というか赤ちゃんのために食べていなくても生きていけるように仕組まれているんだなぁ・・・と、生命の不思議さを実感しました。

心配してくださった皆さま、本当にありがとうございましたBrilliant
もう大丈夫だろうと思います。思いたいです。
きっとこのムカムカ感は妊娠中ずっと付きまとうのだろうけれど、がんばります芽


朝顔一輪 ←ずっとほったらかしにしていたのに頑張って咲いてくれている今日の朝顔です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。