スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイル作業中です



一週間ぶりに見に行ってきました家


タイル作業中

今日は一階の床タイル作業中でした。我が家の床タイルはINAXのフォスキーホワイトです。職人さんがお一人で作業されていました。


玄関の外タイルは終了していたのですが、ちょっと気になるところが・・・ガーン
     気になるタイルのずれ
微妙にズレていますよね・・・。
まだ作業途中なのかもしれないですけれど、完成までにはラインがまっすぐそろい、端っこもちゃんと地面と垂直に直っていますように!


壁や天井のクロス作業も終わっていて、我が家の内側はほぼ真っ白でした。

↓階段のガラスブロックも入っていて、かわいいです(って、自分で言うなって )。

階段のガラスブロック
腰壁の奥にチラッと角が見えているのは、これまた我が家に唯一ここにだけ存在するニッチです。ほとんど壁の無い我が家。どうしてもニッチを入れたくて、ここにお願いしました。家族の写真なんかを飾りたいと思っています。



で。我が家いちばんのお気に入り空間 jumee☆shy1

ファミリースペース養生中


ファミリースペースです。ヘーベルでいちばん最初にいただいたカタログに載っていたモデルハウスの写真でこの空間にひとめぼれ 今は養生されていますが、机もホワイトです。(将来できる予定の)子どもたちの勉強スペースやミシン掛けスペース、読書スペースなどここでやってみたいことはいっぱい!とくに寒い冬なんて、家中で一番よく日の当たるこの場所で家族みんなで過ごす時間が一番シアワセかも・・・。ここに置くおしゃれで機能的な椅子を検討中です。カリモクに良いのがあるのですが、なにぶんお財布事情が・・・orz

ここのガラスブロック、私は二つ並びで入るって思っていなかったのですが、インテリアアドバイザーさんのセンスのおかげでこんなに素敵になりました。とってもうれしいです。


はぁ~。なんだか、嫌になるほど自己満足ですね。

・・・でも。自分たちの家ですもんね、好きになって、自己満足して、いいですよね絵文字名を入力してください


不思議なもので、もうすぐここに住んで、毎日でもこの家の外観を見続けることになるというのに、見に来るたびに写真を撮ってしまいます。しかも、もうかなり前から外観はほぼ出来上がっているので、後から見るとどれをとっても代わり映えせず・・・。ほんまにアホですな。


ちなみに本日確認できた外観の変化はこれだけでした↓
ベランダの手すり
ベランダに手すり(ステン)が付きました♪


さて。いよいよ来月の半ば過ぎに引き渡しとなりました。3月26日に引越しします








スポンサーサイト

床暖房工事完了!

土曜日に現場に行ってきました。

↓いつものお出迎え
いつものお出迎え
この寒さにも負けず、かわいいお花たち



さて。床暖房の敷き込みは前日に終了したようで、その上に合板を接着する作業中でした。

エコハックスの上に糊で板を貼る職人さん
↑腰が痛くなりそう・・・

フローリング床の場合はエコハックスの上に床剤を直張りするそうですが、我が家のようにタイル床の場合は間に厚さ5.5㎜以上の合板を挿むようになっています。



そして、その周りでは1階の木工事が続いていました。
私が見る限りではピッタリとはまっているように見える板でも、職人さんは納得いかないようで何度も採寸して微調整してくださっていました。・・・私はこういう緻密な作業にはやっぱりむいてません

階段の下地
↑階段の腰壁です。あとでガラスブロックが入ります。ほとんど飾り気のない我が家の、唯一といってよいアクセントですBrilliant





追記

床の糊の缶 正面
床の糊の缶 裏面

↑ホルムアルデヒドなどの有害物質をトコトン低減しているヘーベルハウス。床に使用されている接着剤も、非常に安全なのもでした。

うれしはずかし(^_^)v

日曜日久しぶりに見に行ってきましたら・・・・・・。

養生シートが外され、丸裸になっていました~ 


キャー!

うれしはずかし♪ 我が家の外観(足場つき)でーす 


うれしはずかし



我が家は、鈍色×K目地の新大地です。

近くで見るとこんな感じです↓
K目地×鈍色



まだ新しい色ですし、カタログなどで見ると強烈な印象があるからか、いまのところあまり見かけない色なので、勇気のいる決断でした。

でも、この色にして良かったです。少しラメが入ったような色目なので、陽の光が当たるとキラキラキラキラ して見えます。雨や曇りの日にはより黒っぽく見え、晴れの日にはキラキラと明るく見えるので、お天気によって印象が変わりますし、一日の中でも太陽の角度や強さによって、少しずつですが色の感じ方が違うように思います。

・・・って、自己満足ですね~。やっぱり。


この日は前日の大雪がまだ残っていて、
真っ白い雪と鈍色とのコントラストもきれいでした。
↓なので雪だるま作ってみました。
雪だるまと鈍色


↓青空に映えるの図(どこまでも自己満足!)
キラキラ鈍色

これまでの歩み~目次~作成中

家初めての住宅展示場~ヘーベルハウスとの出会い=2007.6.9.
家旭化成ホームズと契約=2007.6.30.
家土地探し=2007.6.9.~
家土地契約=2007.7.
家建物打ち合わせ
家インテリア打ち合わせ
家外構打ち合わせ
家変更契約=2007.11.7.
家地鎮祭=2007.12.8.
家基礎工事
家躯体工事
家断熱工事
家木工事
家床暖房設置

やっぱり木造?~五重塔が地震で倒れない訳~

先日、東寺に行ってきました。

東寺 さくらのつぼみ
春の足音が聞こえます・・・


たまたま国宝五重塔の初層を見学できる時期だったのでラッキーでした。解説員のおじさまが東寺の歴史や塔内部の構造、建築様式などについて教えてくださり、十分に800円の元は取りました価値はありました。

東寺は、唐から無事帰国した弘法大師空海に、時の天皇から下賜されたものだそうです。歴史を勉強してこなかった私には、コレが覚えている精一杯の情報です


さて。私はお寺や神社を見るのが好きなのですが、関心があるのは歴史や仏像などではなく、宮大工の仕事の素晴らしさを目の当たりにすることです。


マッシブな東寺
重厚な五重塔は、まさに私のツボ。高さは約55メートルだそうです。

解説員のおじさまいわく「長い歴史の中で、五重塔が地震で倒れたという話はまったくない!」のだそうです。それは塔独特の構造により、地震で大きく揺れても塔全体が同じ方向に傾くことがないように計算されているからなのだそうです。地震が生じたとき、5つの屋根がそれぞれ反対方向にゆれることにより塔の揺れを打ち消しあい、さらに屋根自体も4つの角の方向にそれぞれ引っ張り合う構造らしく、けっして倒壊しないのだそうです。

「地震のときでも安全な家」を目指してヘーベルハウスを選んだ私たちですが、いろんな住宅メーカーのお話なども鑑みますと、日本の伝統的な建築技術の粋を集めれば木造建築も同じだけ安全なのだなぁ、と思います。


地震大国日本の、宮大工さんのすばらしい技術に乾杯



ここまでの歩み ~4

今日は、昨今我が家を騒がせております床暖房についての回顧録です。とても長く、くどい内容ですが、しばしおつきあいいただけましたらうれしいです




さて。
きょうび新築する家なら、最初の設計・見積もりからLDKには床暖房が付いてくるのが普通、というものなのですよね。我が家も、最初から入っていました。

ただ、我が家は施主希望で最初からオール電化家になっていましたので、ヘーベルさんが用意してくださったプランも「電気温水式床暖房」でした。


床暖房にはそのエネルギー源で大きく分けて2種類あります。ガス床暖房と電気床暖房。そして設備の違いから、温水式とパネル・シート式などのやり方があるようです(他にもまだ私たちの知らない方法(蓄熱式とか・・・)があると思いますが、ここでは私たちの知識の範囲内で書かせてください)。

温水式の場合、ガスなら立ち上がりも早く、到達温度も高いのでかなり効率よく温まるようです。ガスの床暖房だけで十分冬を乗り越えられるということをブログに書いておられる方も散見しますし、ヘーベルハウスの方もそのようにおっしゃっていました。

ところが、電気温水式となるとそうはいかないようです。これを入れている知り合いの家では、石油ファンヒーターを併用していますし、「床に直接接しているところは十分暖かいけれど、部屋全体を温められるほどではない」という反応が多くみられ、いくつかのハウスメーカーやショールームの方にも聞いてみましたがやはりお答えは同じでした。「ガスほどには温まりません」と。ヘーベルの方にも(私たちがオール電化にこだわるのでなければ、ということでしょうが)、「電気温水式はあまりお勧めできない」と言われていました。


しかもうーんです。
温水式はメンテナンスが必要です。数年に一度の不凍液の交換や点検などが必要で、それも維持費として計上する必要がありそう。ごくまれなケースでしょうけれど、不凍液が漏れた!なんていう記事もありました。





かなり高価なものなのに、温まりが十分とはいえない!メンテナンス費用まで必要!


そんな納得のいかないものをロングライフ住宅キラキラの床下に入れて好いものか?



絶対にありえない!



それが電気温水式床暖房プランについての我々の答えでした。




なら、他に何か良い方法はないのか?




そこは、わが身に降りかかることとなれば、徹底的に調べたくなるのが私の性分。「電気式でも他に方法があるはず!」ということでネットで片っ端から調べました。そして行き着いたのがPTC床暖房(たとえばコレ)です。

調べによりますと、これは電気温水式よりも暖まるらしく、なんといってもメンテナンスフリーハート(赤)


いろんな関連記事をチェックしまくり、二人の気持ちは固まりました。



「PTC床暖房でお願いしよう!」


変更契約の10日前でした。



ところが。


それをヘーベルさんに申し出たところ、なんとも残念なお答えが・・・


「ウチは(PTCのように、安全性などを)ウチで実証できてないものは基本的にやらせてもらってないのでそれは無理です」

・・・なんともヘーベルらしいお答えです。これでは致し方ない・・・orz


床暖房、あきらめました




以上が、我々が一度は床暖房を断念したいきさつです。




そして。それを覆して「やっぱり床暖房を入れてください!」と言い出したのが昨日の記事です。





・・・え?温水式は絶対に嫌だったんじゃなかったっけ?


そうです。そうなんです。
・・・でも。みつけてしまったんですコレを↓


電気式床暖房、エコハックス


これ、PTCを上回る遠赤外線効果と節電効果が期待できるようです。



あれ?ヘーベルは温水式しか扱ってないんじゃなかったっけ??


そうです。そうなんです。ヘーベルのカタログには温水式しか載っておらず、「それ以外はできない」と言われていたんです。
でも・・・・・・。

わたし、見つけてしまいました といっても、関東地方のヘーベリアンの中にはご存知の方も多いかも知れません。

街かどヘーベルハウス小田原


『床暖房 ヘーベルハウス』って入れて検索したら、出てきました。

見つけた瞬間、もう、夫婦で絶叫しました!


「やったぁ!!!」「ヘーベルでやってるやん。街かどで、お客さんにオススメしてはるやん!」「しかも去年の6月の記事!」

この『去年の6月』というところが、重要でした。そうです。私たちが「(カタログに載せていない床暖房は)できません」と言われたその時点で、もうエコハックスはお客さんに紹介されていたわけです。

「・・・なら、私たちにも紹介される権利はあったはず」
「木工事が始まってはいるけれど、まだ1階の床はヘーベル版がむき出し。今ならギリギリ間に合うのでは?」
その日二人で現場見学に行った私は現地の寒さ に恐れおののいていましたから、こうなればもうノンストップです。
夫にたてついて、営業のOさんにすぐに連絡してもらいました。




・・・そして。おかげさまで本日、
床暖房が入ることが決定しました!

バンザーイ もう、万歳三唱です。


ヘーベルハウスのスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。我がままを聞いてくださり、休日返上であちこちに掛け合ってくださった営業のOさんをはじめ、設計し直してくださった設計士のYさん、変更契約後の大変更であったためOさんと共に内部調整などに奔走してくださった上司のHさん、すでに着工済みの現場を調整して手筈を整えて下さっていたGさん、そして現場工事のM建設の皆さん。


このご恩は一生忘れません

本当に。命の恩人です。言葉では表しきれないほどの感謝です。ありがとうございました。
これから先、新居で床暖房のスイッチを押すたびに、皆様に良くしていただいたおかげで暖かく過ごせるんだと改めて感謝するに違いありません


結論。





やっぱりヘーベルハウスにしてよかった


続きを読む »

家を建てるなら~♪

現地の気候条件について、よぉぉぉぉ~く調べておきましょう





って、当たり前ですよね。クラッカーですよね、もう。



・・・・・・でも。そんなこと全然考えもしなかったんです。私たち。







で、今。



嵐を巻き起こしいてますorz




ヘーベルさんごめんなさい落ち込み






もうとっくに木工事に入っているのに、電気配線もおおかた済んでいるのに・・・









やっぱり床暖房入れてください!」











寒すぎました。


知らなかった。こんなに寒いなんて滋賀県南部(厳密には、私たちの住処のある辺りが特別らしいですが)。寒いのは北の方(余呉町とか・・・)だけじゃなかったの?


コピー ~ 雪景色 西から



ちなみに我が家。1階LDK全面タイル貼りです。 ・・・・・・なんで初めから床暖入れておかなかったのか。







それは。














温水式が嫌だったから。










しかも、オール電化だから。








仕方がなかったんですぅぅぅ~!

むねやけしないカレールゥ

カレールゥの革命児 !?

「一日中、胃の中にカレーが溜まってる感じ」経験ありませんか?

カレーは大好き。でも・・・・・・。

カレールゥで作ったカレーは、食べた後しばらく、というか結構長い時間、むねやけ感が残って苦手でした(えぇ、老化現象ですよ、ハイハイ。承知しております)。なので、無印良品の手作りカレーキットなどを愛用していました。

ところがある日、実家に帰って獲物をあさっていましたら、こんなに素晴らしい商品を発見キラキラ

プライムカレー

ハウス食品の新しい(っても、もうかなり前の発売ですが)カレールゥ、プライムシリーズです。


何がすごいって!これ、動物性油脂の使用をやめ、原料の油脂は植物性オンリー。その上従来品に比べて50%もの油脂量カット それによって、カロリーも30%カット(ジャワカレーの場合)。

忙しい時に自分でスパイスを調合する必要もなく、手軽に、しかも胃軽にいただける。ホントにすごい商品です。ハウス食品の企業努力に乾杯




八つ橋大好き\(^o^)/

京銘菓と呼ばれているお菓子、本当にいっぱいあるのですが、私は八つ橋が大好きです。

その八つ橋、いろんなメーカーがあるのですが、私のオススメは「本家 西尾八つ橋」です。なにが違うのか?
・・・それは、抹茶味の八つ橋の味の良さと、分厚さ。私にとって、他メーカーの抹茶味はよくある月並みなお味なのですが、ここのは「めっちゃええお茶つこてるやんv」なのです。そして、食べ応えのある厚み。噛んだらすぐに割れちゃうような、ヤワな八つ橋ではないのです!


                  西尾八橋縦長


・・・と書いていたら、やっぱり八つ橋が食べたくなったので、今からちょっと買いに行ってきまっす






おまけ情報。


この「本家西尾八つ橋」のお茶屋さんの、西尾そば(京風らーめんのような・・・)もとてもおいしいです。祇園店に行ったら、いつもこのおそばをいただいて、帰りに地下1階のショップで試食しながらお土産を買います。もちろん、自分用のjumee☆shy1試食時にいただける緑茶もめちゃめちゃおいしくて、さっすが京都の老舗!って思わせてくれます。


・・・いつも試食しまくりでスミマセン感謝の気持ちを込めて、この記事を書きました。

ここまでの歩み~3

土地探しの巻


私たちは当初、大阪府北部地域で土地を探していました。ヘーベルの営業Oさんも夫もいろいろ当たってくれたのですが、そもそも出物が少なく、まして建築条件なしの土地なんて、そうそう見つかるものでもなさそうでしたorzもちろん、首が長~くなってもかまわなければ気長に待ったのですが、それだけはどうしても嫌だったのでヘーベルさんが紹介してくださった他県の土地にも目を向けることにしました。

そこは・・・・・・滋賀県。今まで考えもしなかった、まったく見向きもしなかったところ。
でも、その土地にはいろんな魅力がつまっていました。夫の通勤にも不自由なく、学校や病院、図書館といった施設も近くにそろっている。そして何より、夫や私の望む広さにちょうどよい土地だったのです。

滋賀県民

滋賀県民

滋賀県民

滋賀県民~

こんな日が来るなんて。滋賀県民になる日が来るなんて(実際にはまだ来ていませんけど)。夢にも思いませんでした。

ヘーベルハウス、あっぱれjumee☆loud laugh1です。

blog用景色

田舎育ちの私には特に驚くようなことも無いのですが、自称都会っ子な夫はこの何にもない田舎で大丈夫なのだろうか?と最初は思っていました。

でも。

一緒に暮らしてみてよくわかりました。夫にはそこが田舎か?都会か?なんて大して問題ではないのです。だって、仕事以外の時間はほとんど家の中にいるんだから´д`トホホ

したがって、外構にも家ほどには興味を示さない夫。基礎工事の間は「今日も見に行って、写真いっぱい取ってきてや」と言っていたのに、基礎が済んだら「もう、そんなに見ても変わらんやろ?」ですと。はぁはぁ、さいですか怒りテンション違いすぎますやん!

あら、いけないゎついついグチが・・・。

そんなわけで、もうすぐのんびり(せざるを得ない)田舎暮らしに突入です

あきらめたもの、あきらめなかったもの~1

我が家家はすでに建築中です。現在、木工事進行中~!

今日はそんな我が家の「できればこうしたかった~大泣き」「これだけは何とか死守jumee☆DaNcE2」についての第一弾。

我が家は新大地です。




でも・・・。





ホントは・・・。





CUBICにしたかった~!sorakaraやかぜのとうみたいな、都市型3階建てCUBICに。



養生中やねぇ


私たちの家が建つ住宅地は規制が厳しく、屋根の無い家はダメ!!!でした。まぁ、都市型を望んでも都市の土地が買えるわけもなく、ものすごい田舎に寄棟造の四角い家を建てることになったのです。

でも、新大地も今では気に入っています♪田舎にはぴったりの素敵なネーミング。大地にしっかりと根付いて、中に住んでいるものたちを守ってくれそうな。それになんといっても、正面から見たときの屋根が可愛くてBrilliant子どもに家の絵を描かせたら、きっと100人中99人はこんな形に描くだろうなぁ、ってくらい典型的な家の形です。それが可愛い。             

ま、結局は自分の家が一番可愛いく思えてしまう、と。

そんな私たち二人の口癖はもちろん「今度建てるときはCUBICで屋上緑化しよぅな!」です。

当たれ!宝くじ


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。