スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0歳最後の一日

明日、1歳になります。わが家の長男。

一年前のお雛さまの日に生まれてきた息子。この一年は、アトピー性皮膚炎と多種抗原性食物アレルギーとの闘いでした。もちろん、まだまだこの闘いは続きます。いまのところ、完治のメドはまったく立たず、痒い痒い、つらいつらい毎日です。掻き毟って泣きじゃくる我が子を抱きしめて、一緒に泣きながら掻くのを手伝ってやることしかできない無力な母親です。

アトピーの母親からアレルギーっ子が生まれる確率は7割以上にも上るとか。妊娠中から、卵・乳製品を除去してアトピーを防ぐべくやっていたつもりでしたが、ぜんぜん足りませんでした。アレルギー体質、回転食・・・。もっといろいろ勉強しておくべきだった。この地球上に新たな生命をひとつ生み出すということの責任の重さを、本当のところではわかっていなかった。

でも、息子は元気です。痒くて痒くて、そして豆類・卵・乳製品・ジャガイモなどなど食べられないものだらけではありますが、おっぱいやミルクをよく飲み、痒くさえなければよく遊びます。

今日の診察では、アレルギーの強度を示す指標が2万台から8000台へ下がっていました。白血球分画もほぼ正常に!!!

除去食を徹底して頑張っている効果が出てきたのかも!?

毎日掃除機をかけている努力が報われたかも!?

ダニよけ布団カバーと晴れた日毎日の布団干しの効果が出てるのかも!?

家族3人、この一年間、本当に波乱万丈でした。よく頑張っているよね。アトピーのせいで、疲れ果ててしまって喧嘩も多いし、涙することが圧倒的に多いけれど。

これまでを支えてくださったすべての皆さまと、アトピーのおかげで出会えた素敵な人々に、この場を借りまして心より深謝申し上げます。
スポンサーサイト

床暖房工事完了!

土曜日に現場に行ってきました。

↓いつものお出迎え
いつものお出迎え
この寒さにも負けず、かわいいお花たち



さて。床暖房の敷き込みは前日に終了したようで、その上に合板を接着する作業中でした。

エコハックスの上に糊で板を貼る職人さん
↑腰が痛くなりそう・・・

フローリング床の場合はエコハックスの上に床剤を直張りするそうですが、我が家のようにタイル床の場合は間に厚さ5.5㎜以上の合板を挿むようになっています。



そして、その周りでは1階の木工事が続いていました。
私が見る限りではピッタリとはまっているように見える板でも、職人さんは納得いかないようで何度も採寸して微調整してくださっていました。・・・私はこういう緻密な作業にはやっぱりむいてません

階段の下地
↑階段の腰壁です。あとでガラスブロックが入ります。ほとんど飾り気のない我が家の、唯一といってよいアクセントですBrilliant





追記

床の糊の缶 正面
床の糊の缶 裏面

↑ホルムアルデヒドなどの有害物質をトコトン低減しているヘーベルハウス。床に使用されている接着剤も、非常に安全なのもでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。